恋をすると気になる占いの信憑性

私は、恋をすると途端に占いが気になり出します。
コンビニで立ち読みするときも、ついつい気になってしまうのが占いの項目。



星座、生まれ月、血液型占い…ありとあらゆる方法で気になる相手との相性を調べてしまいます。

多分に多くの女性にはこのような感覚は共感を得られるのではないかと思いますが、そんな私の性別は男です。

男同士で話す時に、占いを気にしているというと、男らしくない等と言われたり馬鹿にされたりするので、あまり人には話さないようにしています。

ところで、そんな私が一番の信頼を置いているのが血液型占いです。一般に人の血液型の区別は赤血球の表面の形によると言われているので、血液型占いの信憑性については賛否両論です。


しかし私としては、完全に否定できないものは信じたい。それに血液型占いは浸透率が高いため、多くの人が無意識のうちに「A型はこうあらねば…」というような行動理念に沿った振る舞いをしていたとしても、おかしくはないと思うのです。



そもそも占いとは、毎日の生活にちょっとした彩りを添える役割を担うものですから、信憑性を議論するのは無粋なのかもしれません。

さて、私が散々相性を調べまくって、結果的には占い好きという趣味がきっかけで話が弾み、無事にお付き合いすることができた私の恋人は、細かいことは気にしないO型で、少し神経質な私はA型。


もちろん相性はばっちりです。ほら、血液型占いもあながち捨てたものじゃないでしょう?。